Welcome

交通事故治療

交通事故でのお怪我の治療も受け付けております。


万が一交通事故に遭ってしまったら・・・

066A8BDF-73A3-491F-B5A7-54BB1F357490.png


突然のアクシデントに頭が真っ白になると思いますが、まずは落ち着いて行動することが大切です。

事故の状況の把握、加害者の確認、警察への連絡、救急車の手配、現場の保存、二次被害の防止策など

可能であれば速やかに行なってください。

20F52E06-79C7-4B6E-824C-0E780D057311.png 7FD19A37-2789-4368-9E32-1967116D72A3.png 20370AFF-0869-48A3-9292-B702AAE1C392.png


加害者からの報告は義務ですが、特に怪我がある場合は被害者として人身事故扱いの届出が必要です。

警察が到着した後に細かに状況を説明してください。

加害者には名刺をもらうなどどして身元の確認をしておくと良いでしょう。

その他、加害者の自賠責保険や任意保険、証明書番号、車両番号なども記録しておくと良いでしょう。

第三者、目撃者などがいれば、トラブルの際に証言が必要になることもあるので連絡先を聞いておくのも良いと思います。

また写真なども沢山撮っておくと良いでしょう。

どちらがどれくらい過失があるかなどは、実況見分や両者の証言、ドライブレコーダーなどの記録などをもとに、後から保険会社同士が話し合うことなので、

お怪我のある場合は救急車やタクシーなどで速やかに医療機関を受診されることをおすすめします。

BF9B3FC8-0E0F-47CA-9AA2-43174CA55758.png 40672C67-1293-470B-BBEE-C9D94F7F8ACF.png

 



その場ではなんともなくても、交通事故の場合は後から症状が出てくることもあるので、必ず受診して診断を受けてください。

診断を受けた後はそのまま病院に通っていただいても良いですし、整骨院に通っていただいても良いです。

病院と整骨院の併用も可能です。

当院に通院される場合、その旨を保険会社さんにお伝えください。そのご予約をしていただき、診断書を持ってご来院ください。

自賠責保険で補償されているので、治療には一切費用はかかりません。

複雑な書類関係の相談もお受けしておりますのでお気軽にご相談ください。